2019年度-同志社大学系列中学校の競争率

同志社大学系列中学校の競争率
スポンサーリンク

同志社中学

募集人員 受験者数 合格者数 実質競争率
約220 412 256 1.6

2018年度より減少

同志社香里中学

募集人員 受験者数 合格者数 実質競争率
約190 502 211 2.4

2018年度より増加

同志社女子中学

募集人員 受験者数 合格者数 実質競争率
約25(前期:WR) 109 30 3.6
約135(前期:WR) 278(79) 137(51) 2.0
約5(後期:WR) 263 49 5.4
約20(後期:LA) 434(207) 115(78) 3.8

※( )内数字はWRコースからの回し人数
2018年度より増加

同志社国際中学(国内一般G)

募集人員 受験者数 合格者数 実質競争率
約25 236 66 3.6

2018年度より増加

「関関同立」大学の難化傾向により、安全志向が強まった今年の大学入試。
この影響が中学受験にも波及したのか、同志社中学を除き、志願者が増加しました。
2020年もこの傾向は続きそうな予感。

同志社系列中高合同学校説明会
【大阪】
日時:2019年3月30日(土)10:00~12:30
会場:AP大阪梅田茶屋町(阪急梅田駅前)
講演順:同志社女子、同志社国際、同志社香里、同志社
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました