7月終了と8月の課題

スポンサーリンク

7月の受験モード…40%

ようやく夏休みに入り受験モードにエンジンがかかったものの助走段階。
仲の良い友達はみなクラブの練習で毎日学校に行くのですが、まだ気になってしまうみたいです。
しゃあないわな。
時々、お互いに
「〇〇ちゃん頑張ってるんかなぁ?」
「頑張ってるっしょ!」
と、隣同士に座り、ちらっと会話しながら問題集に取り組む日が続きました。

2泊3日の勉強合宿に参加

7月の終わりに何かしらの刺激になるかと塾の夏合宿に参加させることになっていたのですが、当日登校日と重なっていたので学校を休ませて合宿参加、と考えていました。
が、自分自身の中で何かモヤっと感が拭いきれずにいました。
「登校日、学校行きたい?」
「行きたい!」
やっぱりか…行きたくもない合宿なんかより学校に行く方がよっぽど楽しいわな。何といっても友達にも会えるもんね。
困ったな。いやいや学校行っても大したことしないし普通合宿でしょ。
と割り切れず、
「学校午前中だけやから学校終わってから合宿行こうか?」
「うん!」目がキラリン。
最終的に合宿場まで学校が終わってから車で送るような流れにしました。
たっぷり友だちと会ってこい!
甘い!甘いな〜
こんなんで受験勉強乗り切れるんかいな…

学校に行けたのがよっぽど楽しかったのか、何やらテンション高めに帰ってきたと思うと学校での出来事を弾丸のような早口で話しておりました。
気持ちも切り替わったのか、ちょっと晴れやかな顔で車に合宿カバンを詰め込んで合宿場に向かいました。
「お腹すいた〜」
食べるところがなかったのですが、今何か食べておかないと夜ご飯までお預けとなるので、ちょっと寂れた喫茶店を見つけ昔ながらのナポリタンを食べることに。

かぶりつくように食べた後、会場に到着。
あれだけベラベラしゃべっていたのに急に口数が減ってきた我が子。
こっちまで口数減ってきたわ。

入り口に先生が迎えにきていただき、「宜しくお願いします」一言二言先生と言葉を交わし、その後、子供と目が合い「頑張って」と一言交わし先生に連れらていく姿を見えなくなるまで眺めておりました。

8月の課題

あっという間に合宿も終了し大雑把ですが本人の苦手な箇所がだいぶ分かってきました。

●算数
全般的にある程度理解はしているものの、ちょっと文言が変わると分からない状態。特殊算は特にその傾向が強い。
もう少し基礎固めが必要か。
●理科
化学、物理系が苦手、というか好きでない。生物、地学系はどちらかというと好きな方なので結果として理解度もこちらの方が深い。
●社会
過去は振り返らないタイプなのか歴史がストーリーとして描けていない。
●国語
難しい。得意科目なので全体的にどこが得意なのか、苦手なのか判断がつけにくくもう少し観察することに。

大雑把すぎるけれど8月に入ってからの課題として苦手項目を優先して基礎固めをすることに。
まだ8月頭、各教科の問題集は1ターンも出来ていませんでした。

目標偏差値まであと13ポイントアップ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました