4月6日から学校再開てか!?

学校再開
スポンサーリンク

3月に入り、何度かFairCast経由で学校から連絡が入りました。
「登校延期のお知らせ」です。
昔は学校から各家庭に生徒たちの電話番号が記載された連絡網が配られ、学校から緊急の連絡があれば指定された家庭に順番に連絡していってたのですが、今ではFairCastというシステムを使い、電話なりメールで家庭に連絡事項が配信されます。
電子音声で何度も登校延期のお知らせが入り、いつから学校が始まるのかとヤキモキはしていたのですが、いよいよ各都道府県や市によって学校開始日が決まり、神戸市や京都市では4月6日より学校が再開されます。

ようやくなのか、拙速すぎるのか…

個人的にはまだ早いのでは…と思うとります。
感染が広がり続けてる最中、何を根拠に開校という判断を下したのか。
中でも、京都府、京都市では大学生からの集団感染が報道され、2次感染、3次感染、感染経路不明と拡大している中での京都府知事、京都市長の判断は正しいのか疑念を持たざるを得ません。
電車で通学している子供たちもいます。
マスクも充分ではない家庭もあります。
そんな中、「いってらっしゃい!」と笑顔で見送ることはできません。

正直、子供たちは学校に行きたいでしょう。
外にも気軽に出られずストレスもたまってきています。
新学年、1日でも早く、新しいクラスの仲間たちとも楽しく過ごしたい気持ちはよーく分かります。

4月6日からの学校再開が正しいかどうかは分かりません。
まずは、ゴールデンウィークが明けた時に検証した際、京都府や兵庫県の小中高生たちに一人でも感染者がでていなければいいのですが、そうは思えず、「いってらっしゃい!」と笑顔で見送ることはやはりできません。
もしかすると、行政や学校の判断として開校されたとしても、こちらの判断で学校を休ませるのもありか?
いずれ自分たちで判断しなければならない日が来ないように。

予想が外れますように…

[2020/4/6 追記]
今日の夕方になり、バタバタと兵庫県や神戸市、京都市が休校の延長を発表しました。
明日にも緊急事態宣言が出される報道を受けての措置かなと思われます。
今日、仕事で京都市内に行かなければならなかったのですが、あちらこちらで制服を着た学生が見受けられました。
車だったので遠目から見ることにはなったのですが、おそらくマスクも家庭にないのでしょう、マスクをしていない生徒も見かけました。こちらも数多くマスクがあるのなら、あげようかと思うくらいの勢いになりますが、あいにく私も一つしか持ち合わせていないので、それもできません。大丈夫かいな…
地下鉄烏丸線も学生さんが、わんさかいたとクライアントさんから聞きました。
まずは休校延長措置が取られたことで良しとしたいところですが、このたった一日、二日ほど通学したことで、何かしらの問題が起こらないことを祈ります。

大阪府 5月6日まで休校
大阪市 4月19日まで休校
堺市 5月6日まで休校
兵庫県 4月8日再開 一部を除き19日まで休校
神戸市 4月6日に判断 5月6日まで休校
京都府 4月8日から順次再開
京都市 4月6日から順次再開 4月10日〜5月6日まで休校
滋賀県 4月7日から順次再開
大津市 4月8日から順次再開
奈良県 4月8日から順次再開
奈良市 4月19日まで休校
和歌山県 4月7日から順次再開
毎日新聞(最終閲覧:2020年4月3日)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました