「二月の勝者」テレビドラマ化

二月の勝者
スポンサーリンク

中学受験を経験された方の多くはご存知かと思いますが、あの人気マンガ「二月の勝者」が2020年7月からスタートするらしいです。
塾のスーパー教師・黒木蔵人を演じるのは柳楽優弥さんです。
以前「ドラゴン桜」という作品がありましが、その中学受験版と言えばいいのでしょうか。
なんとなくストーリーは読めてしまうものの、塾目線、親目線、子供目線、どの目線からみても「あ〜なるほど」とうなずいてしまいます。
「中学受験は課金ゲーム」や「親はスポンサー」などの名言?を投げかけますが、
なかでも「受験成功の鍵は父親の経済力と母親の狂気」という至極ごもっともな言葉が一気に読むスピードを高めてくれました。

王様の経済力を利用し、武器屋が目の前にアイテムを並べ、この武器も、この鎧もと、女王様が王子様のレベルアップを目指して品定め。
使いこなせない武器を片手に、足元がおぼつかないほどの重い鎧を装着され、フラフラと歩きながらも「突撃っーーーー!」と女王様が指揮をとるのです。
ふと横を見ると他の戦士がさらに強そうな武器を持っています。
それに気づき不安を抱いた女王様は武器屋へ駆け込み、王子様の反対の手にもう一つ武器を持たせます。
「これなら勝てる!」
武器屋もニンマリ。
「そんな装備じゃ心配ですね〜」と武器屋の一言でさらにもう一つ予備として武器を買ってしまいます。
正に課金ゲームと同じ原理です。

大なり小なりそんな光景はあちこちで見てきました。
塾もビジネス、色んなオプションを追加してもらってなんぼ。
不安と頼らざるを得ない親はオプションを買い足して少しでも安心したい。
合格の先に何があるのかあまり分からずオプションをただただ消化する。

この辺がバランス良く回ればきっと第一志望に合格できるのかなと思います。
が、現実は思い通りにはいかないものです。
逆に受験とはそういうものなのか。
そんなことを考えさせられるマンガです。
舞台が関東なので二月になってしまうのは仕方のないのですが、スラスラ読め、中学受験生を持つ親御さんが読むべき本かなと思いました。

ドラマは7月からとのことなので、本格的に受験シーズンに入った頃に放送されるようです。
受験生に見る時間があるかは分かりませんが夏の楽しみとなりました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました