赤本を数冊買ってみた

スポンサーリンク

ふらっと本屋をのぞいてみると所謂赤本が出揃っておりました。
関西の中学校の名前がずらり。
なんとなく自分がイメージしている中学校の赤本をパラパラとながめておりました。
学校の紹介、過去数年の志願者状況、科目ごとの出題傾向そして解答。
そして過去問題をながめていると…
これ中堅校かい。
「結構むずい…」
おそるおそる東大寺学園中学校のページをパラパラ。
「ラ、ラベルが違う。ラベルが…」と誰も聞いていない親父ギャグをつぶやきながら、そ〜っと閉じました。

よし数冊買ってみようか。
とりあえず、
大学付属中学校系を2冊。
中堅中学校進学校系を2冊。
レジへツカツカと。
前の男の子が大学受験と思しき子が10冊ほど赤本を買っていました。
「頑張れ!」
次私の番。
お〜い!
10,000円越えじゃん!
持ち合わせの現金がなくクレジットカードでの支払い。
なかなかいい値段。

まだそんな状況じゃないかなと思い、買ったものの、漠然としている我が子には表紙を見せるだけで問題等は見せておりません。

あとで知ったことですが、結構みなさんネットのオークションやらで過去の過去問を購入されているらしいです。
賢い…

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました